お祭りの醍醐味ってなに?

日本人は大のお祭り好きであると言われています。全国各地では、お祭りシーズンになると、お祭りなどのイベントが開催されていて、こういったイベントに欠かさず参加をしているという方も珍しくありません。
元々、日本の祭りというものは、神様を祭るという意味がありました。
しかし、最近では、そういった宗教色も薄れてきていて、たとえば花火大会ならば、花火を見たり、屋台で何か食べたりすると言うことがメインになっているといえるでしょう。
これは、地域のお祭りでもそういった傾向が強く、たとえば、どういった意味のお祭りで、由来はどういったものなのか…ということよりも、イベントや、その場の騒ぎを楽しみたいという意味合いで参加をする方が多いといえます。
日本人の方で祭りの醍醐味は何かと考えたときに、やっぱり屋台や神輿などと考える方が多いです。
出店や神輿が出ると、それだけで興奮するという方も多いですし、屋台で何かを食べるのが楽しいと考える方も多いです。
その熱気がすごいので、楽しんでいるという方も多いです。
また、祭りの醍醐味として、みんなで一緒に盛り上がることが出来ると言うことを楽しんでいる方も多いといえます。
祭りは、みんなの一大イベントであると言うことから、これらの盛り上がりそのものを醍醐味として考える方も多いといえるでしょう。
また、浴衣で花火だとか、屋台で、フランクフルトだとか、そういった限定したものを醍醐味だと感じる方も多いです。
このように、日本の祭りには、元々さまざまな由来や歴史があるのですが、最近では、このようなイベント的なイメージの方が大きく、その祭りの由来やその意味などを深く考えずに参加する方も多くなっているのです。





Copyright (C)横浜はダンスの祭典ハマこい祭りAll Rights Reserved.