一度は見ておきたい日本三大祭、祇園祭

日本では色々なお祭りが開催されます。その中でも有名なお祭りと言えば、京都で開催される祇園祭でしょう。
一度は見ておきたい日本のお祭りと言われています。
京都に住む人はもちろん、府外の人、海外の人も沢山訪れるお祭りです。
開催される時期は毎年7月、祇園・八坂神社で行われます。
平安時代から続く伝統あるお祭りです。
疫病が流行した際に、牛頭天王のたたりがこれらの原因ではないかという説が出て神様をまつりご機嫌をとるため病魔退散を祈願するお祭りを開催したという説があります。
祇園祭は開催期間が長いことでも有名です。なんとその期間は1ヶ月を超えます。
お祭りの一番の盛り上がり、ピーク時期はあるものの、1ヶ月を通してお祭りの雰囲気が味わえるという事はそうそうありませんね。
もちろんメインとなるのは山鉾巡行とその前夜祭にあたる宵山です。巡行や、多くの出店で賑わう宵山は祇園祭が一番盛り上がる時期です。京都が祭一色になると言われています。
これ以外の祇園祭のイベントに参加してみると、また違ったお祭りの雰囲気を感じられると言われています。もしこれまで祇園祭のメインイベントしか見たことが無いという人は、今後違う日程でも足を運んでみてください。新たな魅力を発見できるでしょう。
これだけ大規模なお祭りは本当にありません。日本三大祭りの1つと言われるのも納得ですね。
歴史の長さ、祭りの開催期間の長さ、そしてお祭りのイベントの中の1つ山鉾行事に関しては昭和54年の文化財保護法で国の重要無形民俗文化財として指定されています。さらに平成21年に国連教育科学文化機構で無形文化遺産としても登録をされています。海外からの注目を集めるのはこのような点もあるのでしょう。





Copyright (C)横浜はダンスの祭典ハマこい祭りAll Rights Reserved.